ととのうみすと 乳液

ととのうみすとの後に乳液は必要なの?

ととのうみすと 乳液

ととのうみすとはこれだけでお肌の毛穴トラブルを解消してくれますが、これまで洗顔後に乳液を使っていた方もいると思います。

 

もしそうだった場合、これまでの化粧品のときと同じように乳液を使った方がいいのか、それともととのうみすと以外は何も余計なことをしない方がいいのか迷ってしまうかもしれません。

 

どうしたらいいのか悩むところかもしれませんが、ととのうみすとを使ったからと言って他の化粧品や美容品を使ってはいけないということは特に公式サイトでも言われていないです。

 

なので、お気に入りの乳液があってそれを使っても全く問題ありませんよ。

 

基本的にはととのうみすと1本あれば他のケアは必要ないですから、乳液を絶対に使わないといけないということはありません。

 

化粧水と乳液の役割や効果は違いますから、自分のお肌にあったケアの仕方をすればいいので、乳液が必要だと感じたり、乳液を使った方がお肌の調子がいいと感じているのなら使ってあげた方がいいでしょう。

 

大事なのは自分のお肌にあったケア方法をするということ。

 

わからなければとりあえず「ととのうみすと」だけ使用してみてください。

化粧水と乳液の役割の違いとは?

ととのうみすとは化粧水ですが、化粧水と乳液の役割の違いはご存知でしょうか。

 

イメージとしては「化粧水はお肌を潤してくれるもの、乳液はその状態にフタをして潤いをキープするもの」というのが一般的だと思います。

 

確かにこのイメージは間違っていないのですが、もう少し詳しく役割の違いを確認してみましょう。

 

化粧水は水分に美容成分を配合したもので、その役割はお肌の水分を補うことが主な役割とされています。

 

肌表面の角質層に浸透させることでお肌を整えて、美容成分を届けることができるのですね。

 

一方の乳液は水分に加えて油分も含んでいます。

 

油分を含むことでお肌の表面に膜を作ることができ、水分や美容成分が蒸発してしまうことを防ぐことができるのですね。

 

さらにお肌の潤い成分である「セラミド」などの成分をお肌に届ける役割も果たしてくれます。

 

なので、化粧水だけではお肌の潤いが保てない場合でも乳液を使うことでお肌の乾燥を防ぐことも可能にしてくれます。

 

空気が乾燥しているとお肌の潤いもなくなっていくので、冬場ばったり、もともと乾燥肌の方は乳液を使った方がととのうみすとの成分をより引き立たせることができるでしょう。

 

ただ、夏場や脂性(オイリー)肌の方は乳液は使わない方がいい状態を保つことができます。

 

人や状況によって乳液の必要性は変わってきますから、自分のお肌の状態を良く知っておくことが必要になるでしょう。

page top